LED Q&A

よくある質問と回答集です。参考になさってください。

TOP > LED Q&A

よくある質問

LED蛍光灯は安定器の改造工事などが必要なのでは?
LED蛍光灯はメーカーにより大きく3種類(工事不要形・LED専用安定器交換工事形・電源直結形)のタイプが存在しています。
→詳しくはLED蛍光灯の種類
当社製品は、工事の必要のない設計となっております。従来の蛍光灯と同じように交換ができます。
どの蛍光灯でも交換できますか?
40形/32Hf形代替商品(TL120R-JP)は殆どの蛍光灯器具との相互性があります。また、20形(TL60N-FL/FLR)はグロー器具、ラピッド器具に互換性があります。 →詳しくはこちら
※動作保証はいたしかねます。事前に貸出サンプルなどでご確認ください。
TLシリーズ適合灯具の見分け方
取り付ける器具(安定器)に悪影響はないですか?
安定器の劣化は発熱や、多く加電圧,加電流などの負荷などにより寿命が短くなります。当製品をご利用いただくことにより、安定器で消費される電力が少なくなり、安定器への負荷も少なくなります。また、従来の蛍光灯であれば、ランプが切れそうな時期や切れてしまう時に過電流が発生します。これにより安定器に負荷を与えます。当製品では蛍光灯とは発光の仕組みが違うのでそのような負荷はかかりません。つまり安定器にかかる負荷が低減され、安定器自体の寿命延命にも貢献します。その他にも電流および電圧保護回路が内蔵されており、予想できない故障や誤動作などの場合でも、安全にご利用いただけます。
安定器を使用しなければ消費電力が抑えれるのでは?
当商品は安定器の電力を含んで23W±10%です。(器具により変わります。)安定器を外してご利用いただいた場合の消費電力は22W±10%と殆ど変わりありません。
LED蛍光灯は従来の蛍光灯に比べて重いですが、落下などの危険性はないですか?
重量については、JIS規格(JIS C 8105-1)では500g未満との記載があります。当商品は500g以下であり、適合しております。しかし、スプリング脱着方式の器具においては、スプリング部分の劣化も考えられます。
虫は本当に寄ってきませんか?
紫外線領域が非常に低いため、誘虫量は減ります。(虫の種類にもよります。)
屋外でも使用できますか?
屋外では使用できません。屋内用です。
補助金などはないですか?
補助金については、導入先の地域や時期により内容が変わりますので、各自治体にお問合せ下さい。
工事不要のLED蛍光灯は放熱の問題があるのでは?
テクルクスLED蛍光灯は放熱に特化した設計を施しております。例えば、通常使用されているアルミやFR4などより、放熱性の高い素材(Panasonic製 ECOOL)を用いることにより、高い放熱性を確保しております。また、ISO9001/ISO14001の認定を受けた工場にて製造し、製品の安全性を確保し、クオリティの高い製品提供を実現しています。